SHERBETS|SHERBETS


カテゴリごとに別々のデザインにする

WordPressでカテゴリごとに別々のデザインにするやり方の備忘録です。
in_categoryは現在表示しているページが指定したカテゴリに割り当てられているかどうかを調べる関数です。
それに応じた条件分岐で特定のテンプレートファイルを読み込ませます。
記事一覧ページと記事ページ、それぞれのやり方です。

○ カテゴリごとに別々のデザインにする(記事一覧ページ)

  1. category.phpを複製し、category-normal.php、category-news.php、category-works.phpなどに適宜リネーム。

    ※category.php、category-normal.php、category-news.php、category-works.phpの4つがある状態です。

  2. category.phpに下記コードを記述する。

    ※記事一覧ページにおいて、
    カテゴリスラッグ「news」ならばcategory-news.phpを読み込み、
    カテゴリスラッグ「works」ならばcategory-works.phpを読み込み、
    それ以外ならばcategory-normal.phpを読み込むという意味。

    ※スラッグの部分はIDでも可。

  3. category-news.phpはnewsカテゴリ用のデザイン、category-works.phpはworksカテゴリ用のデザインなどにコーディングする。

○ カテゴリごとに別々のデザインにする(記事ページ)

  1. single.phpを複製し、single-normal.php、news.php、works.phpなどに適宜リネーム。

    ※single.php、single-normal.php、news.php、works.phpの4つがある状態です。

  2. single.phpに下記コードを記述する。

    ※記事ページにおいて、
    カテゴリスラッグ「news」ならばnews.phpを読み込み、
    カテゴリスラッグ「works」ならばworks.phpを読み込み、
    それ以外ならばsingle-normal.phpを読み込むという意味。

    ※スラッグの部分はIDでも可。

  3. news.phpはnewsカテゴリ用のデザイン、works.phpはworksカテゴリ用のデザインなどにコーディングする。

これでカテゴリごとに別々のデザインにできます。

にほんブログ村 ゲームブログへ



○ コメントを投稿する

▲TOP