SHERBETS|SHERBETS


JUSTICE・GUILTY

GLAYのニューアルバム「JUSTICE」「GUILTY」を買いました。

JUSTICE」は初のセルフプロデュースアルバム。エンジニアもいつもと違うので、音の感じもちょっと違いますね。
割りと珍曲を集めたらしく、GLAYらしくない印象も受けます。

GUILTY」は今までと同じ佐久間正英プロデュースアルバム。安定感があります。
ちょっと既出曲多めなのが残念です。「君にあえたら」とかミニアルバムにも収録してるのに……。

シングルバージョンとの違いは下記。
ROUTE 5 BAYSHORE LINE:再録、テンポも若干早い、歌詞が違う(802->Car Radio)
JUSTICE [FROM] GUILTY:アウトロ
everKrack:ギターソロ
キリノナカ:2番のTAKUROのギター(他にもあるかも)

個人的には「冬の遊歩道」が大好きです。神曲。ノルウェイの森的なイントロ、それとは対照的な歪んだギター、サビの歌詞の畳み掛け、いいですね。
「初恋を唄え」とか「真昼の月の静けさに」も好きです。今回はバラードがいい感じですね。正直、他はどれも……。でも、何だかんだでヘビロテしてますけどw
「WHO KILLED MY DIVA」は意外と好き。これがあえて一曲目というのがよくて、シングルのカップリングとかになってたら好きじゃないんだろうなあ。「WHO KILLED MY DIVA」って何かバナナ思い出すんですよね。ジャケットのせいかも知れないんですけど、めっちゃチョコバナナ食べたくなるんです。この曲はチョコバナナ的な意味でも好きですw
「SMILE」はあまり人気がないみたいですが、この曲で終わるのは僕は嫌いじゃないです。
「Red moon & Silver sun〜My Pryvate “Jealousy”」のOPSEからイントロに入る部分めちゃくちゃかっこいいですね。

ちょっと邪道な楽しみ方になるかも知れませんが、「JUSTICE」と「GUILTY」から厳選して一枚のアルバムを作って聴くのもありな気がします。ということで個人的に「JUSTICE & GUILTY」プレイリストとして作ってみたのが下記です。

01.WHO KILLED MY DIVA
02.ROUTE 5 BAYSHORE LINE
03.PARADISE LOST
04.FACTORY
05.真昼の月の静けさに
06.Red moon & Silver sun〜My Pryvate “Jealousy”
07.gestalt
08.JUSTICE [FROM] GUILTY
09.華よ嵐よ
10.冬の遊歩道
11.初恋を唄え
12.Bible
13.SMILE

結構渋い感じのアルバムになった気がするんですが。後半の流れ好きです。
曲数的にも「ROUTE 5 BAYSHORE LINE」を外したかったんですけど、「WHO KILLED MY DIVA」からの流れが好きなので。インスト多いしもう一曲減らしたいな〜。「FACTORY」外すかなあ……?
「The Great Vacation」の時もこういう楽しみ方したな〜。

JUSTICE」「GUILTY」を聴いてると、前作「GLAY」は良曲揃いのアルバムだったんだな〜と思います。前作はどれもシングルでいけるくらいの曲を集めたらしいですしね。でも、一曲一曲で見るといまいちでしたが、アルバムを通して聴くと「JUSTICE」好きです。

初回特典のDVDですが、これが物凄く面白かったです。
内容としては、「JUSTICE」と「GUILTY」をメンバーが徹底解剖するというものです。2枚合わせて3時間近くの大ボリュームです。
「THE FRUSTRATED」の特典DVDでもありましたが、こういう解説映像は嬉しいです。ライブのアンケートで希望しましたからw


にほんブログ村 ゲームブログへ



2 件のコメント

  1. せん  2013.01.26 8:22 PM 

    今晩は♪ 今回、バラード曲いいですよね。個人的にFACTORYの最後の方の「Ah look at the sad people戻れると そう言い切れるか?」の後にジャーンっとギターが入るところが好きです(o^^o)

    DVDも内容濃いですよね!曲が出来るまでの過程を見れるのもいいですよね♪

  2. K  2013.01.26 8:40 PM 

    あ〜、FACTORYのジャ〜ン♪いいですねw
    DVD本当に面白くて、大ボリュームにも関わらずサクッと見終わっちゃいました。
    その楽曲についてより深く知ることで、また違った角度から聴けたり、発見があったり、アルバムをもっと好きになれる気がします。

○ コメントを投稿する

▲TOP