SHERBETS|SHERBETS


メガハガネールがこの先生きのこるには

メガハガネール

せっかくメガシンカしたのに与えられた特性が「砂の力」という超絶不遇なメガハガネールくん。
メガシンカという救済の道も絶たれてしまった分、彼の将来は絶望的でありんす。
まだメガを与えられていないポケの方が希望が残ってるってもんです。

そんな可哀想なメガハガネールくんがこの先生きのこるには……。
次世代以降の強化に期待するしかありません。
そこで、具体的にどのような強化が期待できるのか考えてみました。
★は期待度(現実的に起こりうるかどうか)。

○ 特性変更

★★★☆☆:メガシンカに第2の特性
★★☆☆☆:型破り
★★☆☆☆:頑丈顎
★★☆☆☆:ヘビィメタル
★★☆☆☆:耐熱
★☆☆☆☆:耐熱(さらに火傷無効に仕様変更)
★☆☆☆☆:マジミラ
★☆☆☆☆:メガ化と同時にステロが撒かれるオートステロ的なもの
★☆☆☆☆:メガ前の特性が変更または追加

メガハガネールを救済するには砂の力とかいうゴミ特性をどうにかするのが一番手っ取り早いですが、特性が変更になった前例はない(シャンデラの影踏みは解析であって、あくまで公式で発表されてはいない)ので期待度は薄いでしょう。
メガシンカに第2の特性が与えられることが一番ありえそうですが、そんなことしたら環境大変なことになりそう…。
個人的にはオートステロ的なものを期待します。それだけでメガシンカする意味があり、技スペが空くからです。
耐熱が与えられ火傷無効に仕様変更されたらファイアロー絶対殺すマンになれますな。

○ 技習得

★★★★☆:地割れ
★★★★☆:蛇睨み
★★★★☆:とぐろを巻く
★★★★☆:メタバ
★★★☆☆:自己再生
★★★☆☆:ミラコ

技は世代が進むにつれて新たに取得するので期待度は高いです。
蛇睨みやとぐろは覚えてもいいと思いますけどねえ…。
自己再生やミラコがあると強そう。
地割れはイワークが覚えた時代があります。

○ 種族値変更

★★★★★:種族値一部増加
★☆☆☆☆:種族値再調整

種族値の一部増加もXYで前例があるので期待できます。
Hが75から85になるくらいでしょうか。
もしくはAが85から95になってメガだと135に。
しかし残念ながらこの程度の種族値上昇では活躍は期待できません。

○ その他

★★★★☆:シナジーがよい新しい天候始動のポケモン
★★★★☆:ボンバーが小さくなる必中に
★★★★☆:砂の力倍率増加
★★★☆☆:ボンバーの威力上昇
★★★☆☆:牙の威力上昇
★★☆☆☆:天候ターン数増加
★☆☆☆☆:タイプ変更

新ポケモンは出続けるでしょうから、相性補完に優れた砂起こしのポケモンが出てくれることに期待です。
ヘビーボンバーがフライングプレスやドラゴンダイブのように、小さくなるに対して必中になればピクシーに強くなりますがそれだけです。
砂の力の倍率が増加したところで大した強化になるとは思えません。
牙はせめて4倍に確定とれる程度の威力は欲しいです。

やはりメガハガネールを救済するには使い道のない特性をどうにかしてほしいところです。
技を習得しても種族値が増加しても、このままだと特性がないようなもんですから。

メガハガネール オートステロ or 耐熱(火傷無効)
H85 A155 B200 C25 D125 S30

これが理想でした…。
がんばれメガハガネールくん。



にほんブログ村 ゲームブログ ポケモン(ゲーム)へ



○ コメントを投稿する

▲TOP